FC2ブログ

体調はまあまあです

アポロは病気治療を始めて5ヶ月が経ちました
当初は「6歳のお誕生日がお家で迎えられたらいいね」と祈る日々でしたが
アポロは立派に応えてくれました
今はこの暑い夏をばてないで乗り切ることを目標に 頑張っているところです

病状としては 『副腎皮質機能亢進症』の症状が現れています
薬は胃薬を含め7種類 アポロの通っている病院では最高記録
先生もびっくりしているご様子
アポロとしては それで何とか腸の働きを維持(コントロール)している訳なのです


今後は薬の量を少しでも減らす事が出来れば
他の病気を併発する事を防げるようです

この頃 アポロが薬の臭いを嗅ぎ分け 飲ませるのに一苦労
手を変え品を変え レトルト食品に隠し込んで飲ませているところですが
食いしん坊なアポロで助かっています


今回はアポロの様子を
こうしてまたアポロと一緒に暮らせる幸せを取り戻してくださった皆様に
改めて感謝を込めながら 写真でご報告させて頂きます


2月28日 この頃から調子が悪くなって来たんだよね

3月7日 入院5日前 ランを追い払う事もしなくなり

やけにお腹が腫れてきたっけ

上から見ると こんな感じでした

3月12日 ご飯もおやつも 水さえ飲めなくなってしまい入院
体重がみるみる激減 5㎏から3.7㎏まで落ちてしまい
輸血までして頂き 命拾いしたのでした


そして1~2週間は一喜一憂 気の休まる日が無く過ぎておりました

4月2日 アポロの体が薬でコントロール出来るようになり
自分で食べたご飯から栄養を吸収し始めました
「自宅に戻った方が回復が上手く行くことを期待して 退院させてみましょう」 先生からようやくそんなお話を頂くことが出来たのでした

3週間 長い入院でしたが
最初に先生から 「入院が長いほど 良いと思ってください」
と言われた言葉がとても怖く思え
こうして退院出来るまでに回復させてくださった先生方・看護士さん達に
感謝の気持ちでいっぱいでした
血液を分けてくださった先生のワンちゃんユリウス君 ほんとうに有難うございました
 
「良かった ほんとうに良かった・・・」今でも忘れる事の出来ない
嬉しい嬉しいアポロの退院でした

ラフターに甘えているのでしょう

よく 枕代わりにされていました

足元が悪い日は抱っこでお散歩でした

大好きなピーピーグッズであそぶ姿が見られ

眼に力が出てきました

4月17日 遊んでいるアポロが愛おしくてたまりません

体の毛は夏バージョンのようですが

お顔はまだ大丈夫だね

お腹はぱんぱん 『副腎皮質機能亢進症』の症状です

最近はアポロなりに元気で ワンコらしい姿も見せてくれていますので
ご安心ください

アポロはピーピーグッズが大好き

ぬいぐるみで 楽しそうに遊びます
❤ようこそアポロへ❤
最新記事
カテゴリ
About us

aporohome

Author:aporohome
わんちゃんのお預かりハウス
『アポロ』のブログです。

アポロでは、オーナー様と老犬との生活が少しでも明るく楽しくなるように健康・メンタル面など、老犬のライフステージに合わせた方法をオーナー様とご一緒に考えご提案させて頂きます。

=アポロのサービス内容=

★老犬介護
 (ディケアサービス)
★短期~長期~生涯お預かり
★犬のリハビリ支援
★犬の健康相談
 (ダイエット・リハビリ支援)
★アレルギー対策相談

カウンセリングのみも承ります。

千葉県いすみ市岬町押日313-5
TEL 0470-62-6088
動物取扱業標識
保管:09-夷健福116-3

最新コメント