FC2ブログ

チャイちゃんはアポロの世界へ旅立ちました

生涯預りをしていたチャイちゃんが 天寿を全うされ
今日 初七日を迎えております


前日の夜ご飯まで 目をしっかり開けて
美味しそうに食べてくれ いつも通りお休みしてくれたのでしたが
翌朝 食事を持って行った時には間に合わず
早朝に旅立ってしまいました


1ヶ月が過ぎた頃から 何時その日が来てしまうのか
毎日朝が不安になっておりました
こんな風に 静かに何事も無いように逝ってしまうなんて
只ただ 『チャイちゃんらしいね カッコいいね』としか言いようがありません
以下に チャイちゃんにお礼の言葉を捧げ 初七日の供養にさせて頂きたいと思います


「チャイちゃんへ」

縁あって 最後の1ヶ月と9日間 アポロハウスで過ごしてくれ
本当に有難うございました
何とか おやつが主食だった食事から ドッグフードに切り替え
体重を増やし 床擦れを改善しようと頑張ったアポロ母さんに
しっかり応えてくれ もう一歩 あと一歩 と言うところまで回復してくれましたね
アポロ母さんは それだけでも遣り甲斐がありました
生きようとしてくれたチャイちゃんのアイコンタクト ず~とずっと 忘れません

老衰とは言え 長寿を全うすると云う 立派な姿をみせてくれ
けな気で 愛おしくて 堪りませんでしたよ
無事に虹の橋の袂まで行き付けるようお祈りしていますからね
生前のあなたの笑顔に 感謝して・・・

それから アポロ母さんが どうしても自慢したい写真を載せる事
許してね

2013. 10. 9
ちょっと 痛々しかったね

2013. 10. 31
こんなに 回復できたんです
こんなに良くなるなんて 毎日がすっごく楽しみだったね

「わたくし 凄いんですのよ」
チャイちゃんも 「えっへん」と云っていました





9月 第3弾 チャイちゃんが家族に

チャイちゃんをアポロハウスの家族に迎えました

チャイちゃんが最初にアポロハウスに来てくれたのは この春4月始めの頃でした
お世話をされていた お母様が体調を崩され
やむなく チャイちゃんを『生涯預り』として預けたいとご決断
10月よりお預かりさせて頂いております


皆様に これまでの半年間のチャイちゃんを改めてご紹介し
これからの頑張りにエールを送って頂きたくご案内致します


「ようこそ 初めまして」 

お父さんみたいな人が居るでしょ
『似てるかも…』 と云っていました
亡くなったお父様は チャイちゃんをとても可愛がっていらっしたとの事でした

ドッグランに出てみると
ヨタヨタでしたが 歩けていましたね

2ヶ月後の6月
上半身(首)は自力で支えていました

直ぐに疲れちゃったね
そして これは・・・
残念(・_・;) 褥そう(床擦れ)が出来てしまいました

そして8月 暑い夏の盛りでした
おやつご飯が大好きなチャイちゃんですが
ドッグフードも食べてくれました

おやつより 美味しいでしょ

大分筋力が落ちちゃったね
お首を支えています

ドッグランを抱っこ散歩

尻尾を揺らしてくれたんですよ

9月は落ち着かないお天気が続き 蒸し暑かったね
暑い夏を乗り切ったチャイちゃん 偉いぞ


そして9/30日~お泊りをしていたのですが
そのまま
10月1日付で チャイちゃんを『生涯預り』でご依頼を受け
お受けした次第です


 ≪ チャイちゃんの一日 ≫ 
一番に目薬を差すわよ
次は
おしっこ いい色かな?
そして
お水は よく飲んでくれます

水分は ご飯の前・途中にも数回・終わりにも与えます
チャイちゃんの場合は 1日350cc以上の摂取を心掛けます

ご飯も食べて
これは 流動食です

食事が終わったら 褥そう(床擦れ)のお手当
「床擦れは両方の骨盤に<`~´>」

アポロ母さんお手製の『ケアパット』だよ

忘れちゃいけないのが『ゲップ』
赤ちゃんと同じで ちゃんと出してあげないと気分が悪いんですよ
チャイちゃんは 特に寝たまま食事を給餌しているので
この『ゲップ出し』は欠かせません


あらまぁ~ ランちゃん
プライベートルームに移ったチャイちゃんに逢いに来てくれました

お外は お花がいっぱいよ

「おはよう~ 時々遊びに来るわね」

時には みんなと一緒に過ごして気分転換

ラフターが居るね

チャイちゃんはとてもマイペースで
一日一日を過ごしてくれています
意識がはっきりとする事が 少なくなって来ているように感じるのですが
昼夜逆転もなく 体内時計はしっかりしていて
お水と流動食を ごっくんごっくんと飲んでくれるその時がとても励みになっています







老犬太郎君の初七日

こんなにも早く 太郎君が逝ってしまうなんて
ショックを隠せない アポロ母さんと父さんです

ワンちゃんは『ご家族の事を思いやった逝き方をする』と云いますね
きっとお母様を安心させたかったのかも知れません
そして
具合の悪いお母様の代わりにお世話をしてくださっていたお友達が
もう直ぐお引っ越しをしてしまわれる事も太郎君は理解していたのでしょう

とても優しく我慢強い 最後まで手の係らない太郎君でした
私たちは『もっともっと お世話をさせてもらいたかったな~』と
心にぽっかり穴が開き 寂しくて悲しくて 残念でなりませんでした

皆様もご一緒に 元気だった太郎君の姿をご覧頂き
太郎君が虹の橋のたもとへ無事に辿り着けますように
祈ってあげてくださいませ

2ヶ月前:太郎君が家族になったよ

ドッグラン 気に入ってくれたね

皆と直ぐに溶け込んで

ラフターは大喜び

ドッグランではお水を飲むのが日課

雨の日はお部屋で飲んだね

忘れないね お母さんのこと

太郎君の恋人も会いに来てくれて

みんなで過ごしたお正月

楽しかったね

かわいいお友達とも一緒に遊び

ロン君にも会えたんだよね

ラフターは太郎君が大好きだったよ

ほんとうにカッコ良かった太郎君 さようなら

ご一緒に忍んで頂き有難うございました

サスケ君の声が聞こえる

約1ヶ月のお泊りを無事に過ごし
11月27日サスケ君がお家に帰って行きました
サスケ君は アポロハウスでの老犬介護犬 2頭目のワンちゃんでした


アポロ母さんのお部屋で過ごしたサスケ君
まだ 時々サスケ君の呼ぶ声がするんですよ
アポロ母さんおしっこ出たよ、 お水頂戴、 抱っこだってば~・・・
ってね


足がチクチクするんだけど???

ぶつからないで歩けるよ
アポロ父さんが作った サスケ君のハウスです
疲れたら 一休みだよ

ももちゃんと一緒

ももちゃんと一緒②

目が回ったら 抱っこだね

お友達が沢山出来たね

ポポちゃんとくろ君だよ

ジュン君にも逢ったね

賑やかだったね

アポロが支柱代わりに

寄り添うアポロ

紫のTシャツがお似合いでした

ず^~と ず~と 忘れないよ

きっと きっと また遊びに来てね


昨日 お母様よりお礼のお手紙を頂きました
その中に こんなお言葉が
「アポロでケアしてもらえるワンちゃんは本当に幸せですネ!」
最高に嬉しい言葉を頂き 『頑張って良かった』と心から嬉しく思えたアポロ母さんです
私達も サスケ君が教えてくれた事 大きな大きな宝物になりました
これからの老犬介護に活かして参ります



ももちゃんのご両親が

先日、長期お泊りをしている ももちゃんのご両親
冬支度を揃えてももちゃんに逢いに来てくださいました
もう 1週間前になってしまいましたが
とってもきれいな 秋晴れの土曜日でした
透き通った青空だったね

ドッグランは暑い位の陽射しの為
日陰にマットを敷き ピクニック気分を楽しむことに致しました

ももちゃんはドッグランに出るまでに疲れてしまうので
シートの所まで お父さん達に運んでもらい
そこでみんなでくつろぐことにしたのでした

先ずは お水
お母さんに見せてあげるかのように 上手に飲んでいました
今日のお水は 格別な味がするわ

あたしのお母さんとお父さんなのよ

後ろで ふざけているのは だ~れだ

このところ ひとりで立ち上がらなくなったももちゃんでしたので
立てても 歩けるかどうか とても心配だったのですが
何と ももちゃんは ご両親を安心させたかったのか
後ろ脚を支えると 一歩 二歩 歩いたではありませんか
ももちゃん すごい しっかり立っています

あら 新しい子が来たみたいだわ
きっと ご両親が来てくださったので 嬉しくて力が出たんでしょう
とても良い刺激になったひと時を過ごし きっと元気が出たに違いありません
穏やかな ひと時が流れて行きました

お部屋に戻ってお母様が帰る時には
「お母さん安心してね あたし頑張るから」と言っているかのように
しっかりと お母さんを見送っていました
「お母さん安心してね あたしは大丈夫よ」

そんなももちゃんを置いて帰られたお母様は
帰りの車の中で また涙ぐんだ事でしょう

初めて 長期お預かりをしている処なんですが
こんなご家族に巡り会え ワンちゃんとの深~い関わりを目の当たりにすると
改めて 『ご家族に代わってお世話をする』事の重さを感じております
そして よりいっそう健康管理に気を付けて参りたいと思っているところです 

 
❤ようこそアポロへ❤
最新記事
カテゴリ
About us

aporohome

Author:aporohome
わんちゃんのお預かりハウス
『アポロ』のブログです。

アポロでは、オーナー様と老犬との生活が少しでも明るく楽しくなるように健康・メンタル面など、老犬のライフステージに合わせた方法をオーナー様とご一緒に考えご提案させて頂きます。

=アポロのサービス内容=

★老犬介護
 (ディケアサービス)
★短期~長期~生涯お預かり
★犬のリハビリ支援
★犬の健康相談
 (ダイエット・リハビリ支援)
★アレルギー対策相談

カウンセリングのみも承ります。

千葉県いすみ市岬町押日313-5
TEL 0470-62-6088
動物取扱業標識
保管:09-夷健福116-3

最新コメント